2010/09/30

静岡ガンダムの思い出はG2とCX520Vで


おかげさまで、9月上旬に静岡ガンダムを見に行くことができました。
日曜日でしたがそれほど混雑せず、お祭り気分を味わえ楽しかったです。

ということで、視覚情報の共有を、、、
タイミングが良いのか悪いのか、見に行ったのが以前の記録で書いた頃の EOS Kiss X4 を買取に出した直後で、7Dも購入を考えていた最中だったのでありません。そこで長い間友人から借りっぱなしだった DMC-G2 で撮ってみたら良いじゃないか、ということになりました。さらに自分の CX520V で。


LUMIX DMC-G2 と G VARIO HD 14-140mm(いきなりカメラのレビューで恐縮ですが)
と言いつつ当のレンズを付けたG2の写真を撮り忘れまして、上の写真はマウントアダプタを介してEF50mm F1.8 IIを付けたG2です。どんなもんか知りたくてアダプタは買ってしまいました。
本題に戻り、、、あまりいじる間もなく返してしまったのですが、パネルタッチで追尾AFもでき、設定次第でタッチフォーカス&レリーズもできるので直感的ですね(専用レンズ装着時)。撮った写真を再生するときは1画面ずつドラッグして横にスクロールもできます。iPhoneのような静電容量方式に慣れてしまうと、G2 や CX520V の抵抗膜方式は画面を押しこむ操作が少しつらいですが、ボタンやダイヤルでも同じ様に操作ができるのでパネル操作無しでも困りません。逆にボタン操作に困ったら画面を押してしまえばいい、というスタイルでも良いかもしれません。
しかし何と言ってもミラーレス一眼です、ボディは小さいですし、専用レンズでのライブビュー撮影が快適です。G2は小さめのボディにこれでもかと機能を閉じ込めています。ダイヤルやボタンやレバーが沢山あるのでダイレクトで使いやすいと思います(密集している割に操作もしやすいかと)。
レンズは G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 を付けて(GH1やGH2のキットレンズですね)借りていました。35mm換算で28-280mmですか、リニアモーターで音もなくピントが合い、ワイド端からテレ端まで収差を感じにくく、解像度が高かったという感じです。18メートルの白い悪魔を撮影するには、最適な一本でした。ちなみにG2のEVFは約144万ドット相当だそうですが、私は使いづらかったのでライブビュー(46万ドット)撮影でした。それにしても、NEXやG2やGH1等々、ミラーレス一眼 × 専用レンズ × 高解像度フリーアングル(またはチルト)モニタの組み合わせは怖いもの知らずですな。

LUMIX G2で撮影
各サムネイルをクリックすると別ウィンドウが開きます
頭部
左手
胸部
線路越し
コアファイター
やや正面
見上げ
右手
広角
影



CX520V であらためて感じる、手ブレ補正アクティブモードの凄さ
というのも三脚をしっかり忘れ、再確認した次第です。CX520V を購入した理由の一つがアクティブ手ブレ補正の凄さでした。後継機であるCX550V にしっかり受け継がれていると思いますが、「感動」の一言。「ああ、コレ買って良かった、、、」と毎回撮るたびに感じます(変)。歩きながらステディカムいらずで撮るときも、テレ端35mm換算516mm(16:9時)の超望遠気分を味わうときも、その恩恵にあずかることができます。帰って動画を見返しながらかみさんが一言「え、これ歩きながら撮ってるの!?すごい」と、そうですよ。
(後継機 CX550V の詳細なレビューを、クマデジ様のブログで読ませて頂きました。熱いガンダムの記録も

CX520Vで撮影(静止画)16:9のアスペクト比が意外と絵になりますね
サムネイルをクリックすると別ウィンドウが開きます
shizuokaG

DSC00497

shizuokaG

shizuokaG

shizuokaG

shizuokaG

shizuokaG
GPS付きなのでExifにバッチリ位置情報が刻まれていますCX520V
下の地図にExifから読み出した撮影地点の座標を2点表示させました。CX520V 写真、左上サムネイルの「見上げ」の撮影地点は地図上の赤い画鋲。いちばん右サムネイルの望遠写真は黄色い画鋲(決してロータリーの真ん中で撮ったわけでは無いですよ)。趣味の記録には十分な精度かと思います。オリジナルサイズの写真をダウンロードして頂き、Macはプレビュー、PCではGoogle Earthなどで手っ取り早く地図で確認して頂けます。



初めての1/1
DSC00492
打ち水ハロ
お台場に行こう行こうと思いつつ、あっという間に公開期間が過ぎていました。当時は行かなかったことをそれほど悔いては無かったのですが、ジワジワと「あの時なぜ行かなかった、、、」という気持ちがわき上がってくるのでした。東静岡に着いた時は感慨無量。あのワクワク感は久々でした。ガンダムに全くと言っていいほど興味の無いかみさんも「(ガンダムと)目が合った、結構怖いねぇ」などと同じことを2回くらい言っていました。

急ぎ足で見て回ったので、ご本尊以外はほとんど見られませんでしたが、コア・ファイター(静岡ホビーミュージアム内なので有料)や打ち水ハロ(笑)も見られて、いい思い出になりました。昼間に着いたのでとにかく暑かったですが、御本尊を見ているときはさすがに暑さも忘れましたね。

0 件のコメント:

コメントを投稿