2010/07/31

VMware FusionでAfter Effectsを動かす (2)

遅くなり申し訳ありませんでした。
VMware FusionでAfter Effectsを動かす」の続きです。
VMware Fusion3でAfter Effects CS3を動かすとどうなるのでしょうか。結論から言いますと、エラーの発生もありますが趣味には使えます(MBP Corei5 2.4GHz OS:WinXP AE:CS3)。余談ですが、Parallels Desktopも試してみたのですが、私のやり方が駄目だったのかAEは起動しませんでした(記憶が曖昧なのですが、起動したかもしれませんが実用レベルでなかったことは確かです、2010年はじめ頃、MBP Core2Duo 2.4GHz OS:WinXP AE:CS3)。ハードウェアも違いますし、ソフト自体も改善されているかもしれませんが。

そして恥ずかしながら、出来たのがこの映像。実はインターバル撮影と、その編集は初めてでした。



初めてのインターバル撮影とは言え、反省点はいろいろあります。それはさておき、、、

■カメラ: RICOH CX3
■素材画像: 幅: 3648 ×  高さ: 2736ピクセル(カメラの設定では10Mファイン 4:3比率  )  1画像の平均容量3.6MBのJPEGを総数 3,377枚。
■素材全てをディゾルブ無しでつなげた場合、映像の長さは1分52秒と17フレームとなります。
(30フレーム/秒)
■コンポジション設定はご覧のように
1920×1080の所謂フルHD
30フレーム/秒
尺はタイトルやディゾルブなども加えて1分40秒ほど。



レンダリング時間なのですが、、、
問題はここからです。レンダリング途中でエラーが発生しストップしてしまいます(推測ですがメモリの問題が大きいようです)。OSも数世代前、使用ソフトもトップクラス(おそらく)でリソースを消費する、その上素材も高解像度、エフェクトも多重にかけている、とあらば無理があるのでしょう。そもそもここまでの高負荷な処理能力をVMware Fusionに求めてはいけないのかもしれません。そしてVMware FusionやAfter Effectsには使用メモリ領域を調整できる機能があるのですが、その設定も私が上手く出来ていないのかと思います。

続く、、、


この映像制作後、Macのメモリを購入時の4GBから6GBに増設しております。VM ware およびAEの使用可能なメモリ領域も増やし、軽く使った感じでは、使用感は向上しました。良い感じです。その検証も今後していきたいと考えています。

0 件のコメント:

コメントを投稿